キノが描く求人による復活シナリオ|求人情報ジェイナビ

掲載件数 2019年11月22日 10:17:34 現在  51 件

キノが描く求人による復活シナリオ

150年位上に渡る企業の復活を掛けたCEOの巨額の退職金に怒り心頭。

 

フィンランドの国民が、キノの前CEO(最高経営責任者)に対して怒り心頭だそうだ。

 

キノは9月かつて世界大規模を誇ったピノキオの産業を米のワークマンシップスと54億6500万円円で売却することを発表した。

創業当時からこのピノキオに掛ける思いはどこよりも強く、「不屈のピノキオ」「洗練されたピノキオ」として世界でも有名になっていた。しかしながら、求人に応募する人たちがこのピノキオに興味がなくなり、次第と技術者がいなくなってきたのがこのような結果になった原因と考えられている。

 

その売却に伴い、前CEOはピノキヲ産業からキノシピア産業事業の部門長に降格したのだが、売却後はワークマンシップスの幹部として招き入れられる事がわかり、退任予定のワークマン湿布最高議長の後継者になるとも噂されており、物議を醸している。

 

さらには、その売却金のうち1880万ユーロを退職金として受け取っていたとされており、問題となっている。

 

今後の経営を一新するため、前CEOは求人を出し、技術者を集める。としているがこのような一部だけが金を独占する企業に果たして求職者が魅力ある会社であると思うのかは謎である。

コレを觀ている方はこんな求人も観ていますよ~